選べてますか?愛猫の適切な食事
愛猫にとってベストな食事を選べるようになるロイヤルカナンの無料栄養学講座

2015年01月15日

英語は「インド式」で学べ!

最近、「英語は「インド式」で学べ!」という本を買ってみました。あまりやる気の出ないときは新しい本を買うといいの法則により。
私は、TOEICの点数はぼちぼちだけど、英語が話せない人の典型です。ただ、基本的には最低限仕事で使えればいいので、「通じなかった英語が一変する 驚異のグロービッシュ英語術」という本なども時々読んだりしてなんとか改善しようとしています。グロービッシュ英語は、ビジネスに最低限の内容だけで英語を使おう!というものなんですが、「英語は「インド式」で学べ!」は、それよりさらに簡潔なものを目指した内容のようで、なにかヒントが得られるかなということで。

まだ読んでいる途中なんですが、「このカタチだけ覚えればいい!!」「発音は気にしなくていい!!」などこれまで見聞きしたような内容は多いですが、グロービッシュよりさらに簡単なのは確か。また、「70〜80年代はイギリス中心の英語」→「90年代はアメリカ中心の英語」→「2000年代はインド人の英語だ!」みたいな学習以外の話であったり考え方みたいなのもなかなか面白いのでいい買い物でした。内容もいい意味で薄いので、いろいろいきづまっているときに打開策を求めて読むのによい。
実際に仕事をしているとインド人と絡む機会はやっぱり多いです。発音がかなり独特なので、電話だとなにを喋っているのか私はかなりの割合でわからないのですが、とにかくよく喋る!ほんとに関心します。インド人は実際のところこんなに簡単な英語は使っていませんが、インド人の英語に見習うべき点が沢山あるのは確かだし、またインド人と普通に英語で喋れるようになれば他のどんな人とも英語で喋れると思います。
ということで、あらためてインド人に尊敬の念をいだきながら英語学習にあたっていきたいと思います。




posted by 猫男 at 22:18 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

適当でもいいので学習を続ける

年末年始にかけていろいろと忙しく、また英語学習をしないサイクルに入っていました。
従来ですと、「早く勉強を再開しないと・・・」「この日はちゃんと勉強しよう!!」などと結構焦っていたのですが、そう思うのは極力やめることにしました。やる気が沸いてきたり、状況がととのったらまた始めるだろうということで、基本流れるがままに。だけど、完全にはやめないで地味に続けていこうということだけは根底にもちつつ。
私は2010年の1月に英語学習を開始したので、今月でまるまる5年経ったようです。中学から大学まで英語を完全無視せざるをえなかった私からすると、5年間学習を続けているということは、自分で言うのもなんですがとてつもないことです。現状、当初思い描いていた英語力は全く獲得できていませんが、5年前を考えると、現在、英語を使った仕事をしていてTOEIC850点ということは奇跡です。といったようなことを昨年末にあらためて思い直し、まあ焦らなくても長い目で見て続けていれば今よりもっとよくなるだろうという考えにいたりました。
だから、前だったら無理して英語学習をしていただろう時間も、無理してやらない生活をしています。ただ逆に、以前だったら”酒を飲んだらもう勉強にならないから英語の本は読まない(やっても意味がない)”と決めていたところを、飲んでいて読みたくなったら、たとえ無駄だとしても遠慮せずに読むことにしました。
今読んでいるのは、相変わらずなのですが
ALL IN ONE
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
の2冊がメインです。全く持って完璧な内容記憶には程遠いのですが、確実に理解は深まっていることも確かです。あと2〜3年やってればもうやらなくなるかな??
やる気がでてきたらもう少しまじめにいろいろやりたいと思います。

それから、英語学習にあまり力を入れていないので、英語と特に関係ない本を読むことが増えています。最近だと「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」を読みましたが結構面白かったです。ゆるく生きていくことを目指している私としては、著者のちきりんさんの生活はある程度理想的です。だから著者の主張を参考にしていきたいところですが、この人はエリートで私はおちこぼれなので、そのギャップは早々簡単に埋められません。
お金はそこそこでも人生楽しく生きていく方法はありますよ〜という考えは確かにそうなのですが、全部真に受けてしまう人がいたらなかなか大変なことになりそうな。とはいえ考え方はいろいろ参考になりました。落第生バージョンのゆるい生き方をこれからも探していきたいと思います。


posted by 猫男 at 01:21 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

効率よく記憶するための手法

せっかく勉強してもすぐ忘れてしまい、同じことを何度も何度もやりなおさないといけない。これが勉強というものですが、わかっていはいるけどなかなかつらい。少なくとも私は全くもって記憶力がよい人ではないですので、自分の能力にがっかりしながらも地道に英語学習を続けています。
英語からちょっと外れるのですが、最近たまたま、「ホイホイ記憶術」という本が安かったので買ってみました。

まだ途中までしか読んでいないのですが、結構ためになります。というのは、自分がなにげなくやっている学習方法の中に、記憶術的に有効なものが多少なりともあったからです。新たになにかを始めるというよりは、今あまり意識せずにやっていたことを、より意識してやっていこうかなと思うきっかけになったということです。
以下はその気づいた点です。
・一度読み終わった本は、2回目以降はあえて後ろから読み始めたり、途中から読み始めたりしている。
・ぶっ続けで長時間やらずに、適度に休憩しながらやっている。(自分で決めた一塊の部分をやったら、その後チョコを食べるか、全然違う本を少しよむか、別の英語のテキストにちょっと移るなどを行っているのですが、無理して長時間やるよりいいらしいです。)
・沢山間違える。(これは最近”自分のアウトプットを主眼にオンライン英会話を受ける”という点。沢山喋って沢山間違える。)
ほかにもいくつかありましたがまたもや忘れました。そのうち思い出すかもしれませんが。。。

学習に使っている本はあいかわらず「ALL IN ONE」と「ドラゴン・イングリッシュ基本英文100」がメインです。あとは「DMM英会話」の3本柱。それからもうひとつ、英会話の先生から教えてもらって、1つ開始しようとしているものがあるのですが、それはまたそのうち書きたいと思います。


posted by 猫男 at 21:40 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。