選べてますか?愛猫の適切な食事
愛猫にとってベストな食事を選べるようになるロイヤルカナンの無料栄養学講座

2013年07月09日

公務員試験には論文がある

昨日公務員試験について書きましたが、1つ書き忘れていました。公務員試験には選択式の筆記試験以外に、論文があります。実は今回最も心配していたのがこれでした。これまで結構な資格試験を受けてきたとはいっても、実は論文形式のものは受けたことがありません。必勝の方法はなにか、これまでの私の経験では確実なものがありません。
考えた結果、”合格論文多読作戦”で行こうと決め、それを実行したのですが、結果的にはこれが成功して満足いく論文を書くことができました。まだ結果がでていないからなんともいえないですが、自分が想定していたボーダー以上の内容の論文を書くことができたので自分のなかでは成功です。
テキストとしては「公務員試験 現職採点官が教える! 合格論文術 2014年度」を購入しました。
内容が簡潔でわかりやすく、合格論文の例もそれなりに載っていたからです。
実際に全部読んでみると、同じ話を繰り返し書いていることも多く、もっと簡潔にして半分のサイズにできるんじゃないの?と思うこともありましたが、参考になる内容が多いうえにわかりやすく、よい本でした。
”ここを気をつけよう”というポイントの解説を読んでなんとなくそれを意識したあとは、ひたすら合格論文を繰り返し声に出してよむのと、ノートに書き写すのを繰り返しました。
公務員試験の論文はあまり奇抜な内容は求められず、手堅い内容がよいようです。ということは、基本的には合格論文の見本を踏襲し、あとは自分の経験をふまえたアレンジをその場でつけくわえればいいかなという考えです。
自分の経験をふまえたアレンジという点については、自分が公務員になってなにができるのか?をあらかじめ考えておかないといけません。なにができるのか?という部分は、これまでの転職活動で自分のキャリアのたな卸しをしていたので、その内容を理解しつつ、公務員の業務にあてはめて事前におおまかなイメージをもって準備していました。また、自治体のホームページをくまなく参照し、論文で使えそうなネタはメモしていました。最終的にこれらを全部繰り返し読んだりして頭になんとなく定着させ、あとは本番のお題にあわせてその場でうまくまとめようという考えです。
で、これが見事にあたり、うまくいきました。事前に自分の論文を作ってみたこともまったくなかったのですが、問題ありませんでした。まあ、わりとお客様宛ての文章を書く仕事もしていたので、そういった業務経験も功をそうしたのもあるかもしれませんが。。。
とはいえ、それを抜きにしても、この方針で論文対策をするのは間違ってないと私は感じます。

にほんブログ村 英語ブログへ人気ブログランキングへ
posted by 猫男 at 00:33 | Comment(1) | 無職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

http://www.uni-edit.net/

よろしければご参照ください。

ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。"
Posted by uni-edit at 2013年10月11日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。