選べてますか?愛猫の適切な食事
愛猫にとってベストな食事を選べるようになるロイヤルカナンの無料栄養学講座

2011年11月06日

肥大型心筋症と戦う

今日は、久々に猫の話。
我が家の猫さんは、かわいそうなことに肥大型心筋症を患っています(;。;)かれこれもう3年は立ちますか。。。
最初にこの病気を診断され、ネットでその病気について調べるにつれその怖さを知り、愕然としたものですが、いろいろな闘病ブログを拝見し、皆さんが取り組まれている療法なんかを取り入れて私もこれまで頑張っています!!
この病気はメインクーンやスコティッシュフォールドに多いみたいですね。うちはスコですが骨瘤の心配は頭にあったのだけど、この病気については発症するまで全く知りませんでした。
ちなみにここ2年ぐらいは心筋症の症状がでることはなく、安定しています(^^)

私がいろいろ調べた結果実践したことは以下の内容です。病院で貰った薬を毎日飲ませるのは当然として。

・食べ物をナチュラルフードに切り替える
例えば「アズミラ 猫用オーシャンフィッシュ 156g」「GreenFish Cat Umidoグリーンフィッシュ キャット ウエットタイプ ツナ・ハーブ 170g」「アニモンダ カーニーオーシャン  80g ツナとシーフード」といったようなものがあって、要は猫さんの高級ご飯です!!
獣医さんからは、まず「塩分が低い高齢猫用のご飯に切り替える」ことを指示され、それから実践していったのですが、それから発展してこれにたどり着きました。
ただ、しばらくの間はナチュラルフードしかあげていなかったのですが、あまりに猫さんの好き嫌いが激しくて、フードのローテーションが回らなくなってきたのと、無職になって収入が減ったので、今はナチュラルフードと一般フードの高齢猫用を併用してあげています。
ちなみに上であげたフードは普通のショップで売っていないので、毎回ネットで購入してます。

・塩分計で塩分濃度を測る。
上で書いたように、「低塩分の食事」が重要なので、食べさせるフードについては塩分を測るようにしました。塩分計についてもいろいろ調べた結果「【エイシン】デジタル塩分濃度計」がかなりいいです。測定値がデジタル表示されるタイプではこれが最安で、使いやすくて文句なしです。3/11の大震災でぶっこわれてしまったので、同じものを買い直しました(^^;
あと、うちであたえているフードの塩分は「こっち」にまとめています。まだまとめている途中ではありますが。また、ナチュラルフードの塩分を基準に、0.4%〜0.5%ぐらいをうちでは目安にしています。一般フードでは高齢猫用でもそれより値が高いものもあるので、そういう種類の物は水で薄めてこしてからあたえています。

・サプリメント
ルンワン粒」みみずから取れる成分に血栓を溶かす効果があるとのこと。
パピヨン SPIRITa (スピリッタ) 5.1g 【ペットの肝臓機能のサポートサプリ】」タウリンの欠乏が心筋症の原因にもなるとのこと。
アズルロワイアル 深海アイ鮫生肝油」鮫肝油に血液をサラサラにする効果があるとのこと。

以上の3つを、ご飯に混ぜてあげてました。が、これもまあコストがばかにならないので、最近はルンワン粒のみに減らしています。

と、いうことで、これらが功を奏してか、ここしばらく安定しています!!といってもどれが一番効果があるのかは正直よくわかりませんけども。
ただ、3/11の震災の後、地震そのものの恐怖や一時避難で数日環境が変わったストレスから来る影響で何度か倒れたんですが!!、それもお陰様で落ち着きました。とりあえず震災の時に心筋症が発症しなくてよかった(^^;


タグ: 心筋症
posted by 猫男 at 14:38 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。