選べてますか?愛猫の適切な食事
愛猫にとってベストな食事を選べるようになるロイヤルカナンの無料栄養学講座

2015年08月10日

声に出して日本語に訳す

また数ヶ月英語学習をやめていましたが、今月から復帰しました。勉強はしていませんでしたが、幸い仕事で使うので、次はなにを強化する必要があるのかという部分は毎日痛感していました。それはリスニングです!
今のところ、文面で英語のやりとりをするぶんには大きな支障はありません。変な英語ではありますが、業務のやりとりができます。
また、スピーキングは、瞬発力の問題は大いにありますが、まあ時間をかけてライティングの内容を喋ればなんとかなるかなと。現在の最大の問題はリスニングであることにこの頃気づきました。
短い話であればなんとかなるのですが、長い話になってくると、途中で日本語変換が追いつかなくなり、結局最初の話は頭から消えてしまい、なおかつ最終的に全体がすごーくぼんやりしたイメージみたいなものしかつかめなくて終わってしまいます。つまり、ほとんど理解ができていない!
「相手の言っていることがしっかり理解できていないから、なんと返していいものかますますわからない」→英会話ができない。
ということではないかと。
そんな中、先月末に本屋で丁度ぴったりくる本をみつけたので即買いしました。
CD付 プロ通訳強化メソッド活用 英語スラッシュ・リスニング トレーニング (CD book)」がそうなんですが、私が一番使えそう!!と思ったのが、英語で聞いたものをそのまま口に出して日本語訳して喋っていくというトレーニング方法です。
これまでは、英語で聞いたものを英語でシャドーイングして喋るトレーニングをしていましたが、「なんという英語を喋っているのか」を理解するのと、それを口になじませる意味では有用なものでした。しかし、喋っている内容をしっかり理解して次の英語に進めているかというと、実はそうではなかったということが、この方法を試してみてわかりました。
相手がどんどん喋ってくることをしっかり理解して聞いていくには、どんどん内容を日本語化して理解していかないとついていけません。私が今つまづいているのは、ここが弱いからだと気づきました。
ということで、これをしばらく続けていきます。
また、リスニング教材を集中的にやっていこうということで、サブ教材として「CD付 究極の英語リスニング Vol.3―SVL 3000語レベルで1万語[深まる3000語] (究極シリーズ)」も買ってみました。


posted by 猫男 at 21:37 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。