選べてますか?愛猫の適切な食事
愛猫にとってベストな食事を選べるようになるロイヤルカナンの無料栄養学講座

2014年12月14日

オンライン英会話をどう活用するか


オフラインの英会話というか、いわゆる対面の英会話教室には行ったことがないので、そっちではどういう方式になっているのかよくわかりませんが、オンラインの英会話教室では、レッスン時間の間になにをするかを受講者が決められます。
選択肢があるのはいいのですが、その時間なにをするのが適切なのか?が迷うところです。
最初のころはあまりよく考えずにフリートークにしていました。
自分の話せなさを思い知ったりもしますので、まあそれはそれでいいのですが、しかし特に毎回違う先生だったりするといつも自己紹介で同じような話になり、同じ話だから慣れてきてなんとなく話せるような錯覚に陥る。しかし、実際はあまり上達してないぞというジレンマに陥ります。
そこで、やっぱりテキストを使ったレッスンをちゃんとやるべきだろう!と思い直し、しばらくそれを続けてみたのですが、それはそれで「これって自分で本を読んだりiPodで音源を聞いて勉強しているのをそんなに変わらないんじゃないの?」というジレンマに陥りました。
そういう紆余曲折がありながら、最近はまたフリートークに戻ってきました。最近感じるのは、「アウトプットに主眼を置いてやる」のが大事なのかなあという点です。とにかくなんでもいいので自分が喋る時間を多くとる、無駄に喋る。ということです。これまではなんとなく先生のほうに主導権をもたせてやってましたが、とにかくこっちが喋りまくったほうがいいのではないかと最近は思っています。喋っていてうまく伝わらなければいろいろ言い換えて伝えようと頭を使いますし、特に間違えたりするとそれが印象に残って結果的に記憶に残ります。ですので、しばらくはこの方法で頑張るつもりです。一番問題なのが話すネタですね。これは英語でも日本語でも関係ない問題です。私は特に話が面白い人でもないので。。。
レッスンはここ半年ぐらい「DMM英会話」をずっと使っています。
価格が安いのと、フィリピン人以外の先生も多いのが特徴ですが、特にここ最近セルビア人の先生が急増しているように思います。セルビアの母国語は英語ではないのですが、特に若い人は結構英語を話せるらしく、なおかつうまいです。ネイティブの人よりも第二外国語で英語を使う人の英語のほうが聞き取りやすいので、最近はセルビア人の先生のレッスンを受けることが多いですね。




posted by 猫男 at 23:21 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。